Edward

Edward名義で知られる、ベルリンを拠点とするプロデューサー。彼の楽曲とDJに共に見受けられるグルーヴ感とコズミックなアクセント、ジャズの冒険心とサイケデリックな雰囲気は、彼が古いレコードの愛好家であることに由来し、そこから受けたインスピレーションや、サンプリングの使用が表現に深みを与えている。2013年には、以前から傾倒していたクラウトロックの大御所Conny Plank(Neu!/Cluster)のリミックスを発表した。ベルリンのWHITEからは2012年のデビュー・アルバム『Teupitz』を含め、長年作品を発表しており、近年では、フランクフルトのDie Orakel、ワイマールの重要クルーGieglingからリリースを重ねている。昨年は、同レーベルから2014年に発表したセカンドアルバム『Into a Better Future』が、Thomas Melchiorら参加のリミックス盤としてリリースされた。