Four Tet

97年、ポストロック・バンド、フリッジのギタリストとしてデビュー。フォー・テット名義では <Domino> <Text> などから現在までに通算7枚のスタジオ・アルバムを発表。フォークトロニカは彼がいなければ 存在しなかったとまで言われた。また本名のキエラン・ヘブデンとしては伝説のジャズ・ドラマー、故ステ ィーヴ・リードとのコラボアルバムを3枚発表。レディオヘッドのリミックスを手掛けたり、中東ではお馴染みの民族舞踏 “ダブケ” をダンス・ミュージックに昇華させたシリアのスーパースター、オマール・スレ イマンのプロデュースを手がけるなど多岐にわたり精力的に活動をしている。