Sapphire Slows

東京在住のソロ・プロデューサー/DJ。シンセサイザー、サンプリング、ささやくようなヴォーカルで構成されたトラックは透明感に溢れ、ビートの刻みやベースと共に楽曲全体で大きなうねりとしなやかさを作り出す。2011年に自宅の寝室で楽曲制作を開始して間もなく、LAのアンダーグラウンドレーベルNot Not Funと日本の名門インディー・レーベルBig Loveからデビュー。瞬く間に世界中のアンダーグラウンド・シーンから注目を集め、すでに複数回に渡り北米、アジア、ヨーロッパ・ツアーを行っている。DJとしても国内外のイベントでプレイを重ね、インディー、エクスペリメンタル、ハウス、テクノなど新旧さまざまなエレクトロニック ・ミュージックを独自の感覚でミックスしていくプレイが評価されている。2015年にはパリで開催されたRed Bull Music Academyに参加しており、2016年にバルセロナで開催されたSonarにも抜擢されるなど、海外でも精力的に活動を続けている。